助成金をもらっている母子家庭の女性の就職活動のコツ

母子家庭の助成金をもらっている女性向きの自分に合う求人を見つけても、採用に至らなければ目的は達成できません。
よい求人を女性が探して実際に就職活動を実らせるためにはどんなことが大切なのでしょう。
どんな人でも書ける内容をただ並べた履歴書ではアピールすることはできません。
まずは今まで自分がどんな仕事をしてきたか思いだし、求人の内容と一致した部分を、自分のスキルや実績から見つけていきましょう。
振り返ったことを手がかりにして、志望動機や自己PRを書いていきます。
どのような人材を求人を出している会社が望んでいるかを分かったうえで、そこに自分が合っていることをPRするのがおすすめです。
転職先を探している場合は、前の会社を退職した理由をほぼ必ず聞かれます。
伝え方を失敗すると、不採用になってしまうこともあります。
重要なのは、プラスの考え方の自分の言葉で退職理由を伝えることではないでしょうか。
マイナスの評価になりがちなのは、退職の理由を人のせいにしたり、環境のせいにしたり、女性が夫や家族の反対などのせいにすることです。
どんな状態であっても、最後は自分の判断で退職したのだということを、志望動機との矛盾がおきないようにしっかりと伝えることが大切です。
さまざまな角度から質問されるのが面接というものです。
とくに女性によく聞かれるのは、長い期間仕事を続けられるか、休日出勤や残業ができるかどうかということだそうです。
相手側に無理に迎合する必要はないですが、どこまで譲れるかを明確にしておくことが大事です。
まずは面接の事前準備を丁寧に行い、かならず希望の求人への採用をしてもらうことが女性の就職活動においては重要だといえるでしょう。

母子家庭助成金
母子家庭の家計を支援する助成金が児童扶養手当です。所得などの条件を満たせばもらえるしくみですが、自分で役所で手続きをする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事