妊娠中の妊婦さんの肌荒れの原因

妊娠前は吹き出物なんて出なかったのに、妊娠してからは肌荒れするようになってしまったという方は多いです。実際、多くの妊婦さんが肌トラブルに悩んでいます。

妊婦さんの肌荒れの原因の一つは、ホルモンバランスの乱れです。妊娠すると女性ホルモンのバランスが乱れて、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れて、白いブツブツや赤いブツブツなどの大人ニキビを引き起こします。

二つ目の原因は乾燥です。妊娠すると子宮に水分を集めようとするため、どうしても肌はカサカサに乾燥しがちになります。とくに妊娠前から肌が乾燥しがちだった方は症状がでがちで、かゆみを伴ってくる場合もあります。

三つ目の原因はストレスです。妊娠すると生活環境も変わりがちですし、これまで体験したことのない身体や体調の変化を感じていくことになります。加えて、出産準備をしていかなくてはいけないというプレッシャーも重なりストレスとなる方も多いです。

また、これまで肌トラブルとは無縁だった方にとっては、肌荒れした自分の肌を見ること自体がストレスとなる場合もありますので、そのままにしておかないで、きちんとケアしていくことが大切です。

  • 妊婦の肌荒れはファンデーションをミネラルにするだけでもOK

  • 妊娠中の妊婦OKのダイエット

  • 妊娠中の妊婦の便秘を解消する

関連記事一覧

助成金をもらっている母子家庭の女性の就職活動のコツ

母子家庭の助成金をもらっている女性向きの自分に合う求人を見つけても、採用に至らなければ目的は達成できません。 よい求人を女性が探して実際に就職活動を実らせるためにはどんなことが大切なのでしょう。 どん... 記事の続きはこちら

妊娠前とは違うことを忘れない

身体の変化や心の変化、妊娠前とは明らかに違う自分に戸惑うことも多いと思います。 スキンケアも同じで、これまで通りの方法ではなかなか改善されなかったり、同じ化粧品ではうまくいかなかったりするかもしれませ... 記事の続きはこちら

心の安定も肌に関係してくる

妊娠中はホルモンバランスの影響もあって心も不安定になりがちで、子どもの誕生が嬉しくて待ち遠しく感じたり、急に自分が母親になってよいのだろうかなど不安になったり浮き沈みも激しくなってしまったりします。 ... 記事の続きはこちら