妊娠線

妊娠中のスキンケアでよく話題に上るのが妊娠線についての話です。 妊娠前は妊娠線という言葉を聞いたこともなかったという人も多いのではないでしょうか。 妊娠線とは、妊娠中お腹や他の部位が大きくなったり太ることで皮膚に割れ目のような線ができ、出産後も跡になって残ってしまうのが妊娠線です。
妊娠線はお腹が急激に大きくなったり乾燥しているなどが原因でできてしまいます。 お腹に出る妊娠線がよく注目されていますが、他の部位にも出る可能性があります。 特に妊娠によってお腹だけでなく腕や足も太ってきた、という人はお腹以外にも妊娠線ができる確率が高くなります。
大きくなっていくお腹を見るのは嬉しいものです。 妊娠線があると産後の見栄えが気になって、大きくなるお腹を素直に喜べなくなってしまうとしたら一生にそう何度もあるわけではない貴重な期間を楽しめなくなってしまいます。
妊娠中はお腹の子どもさえ元気でいてくれればそれでよい、と特にケアしていなかったことでくっきりとひび割れのような跡がお腹に残ってしまい後悔する、なんてこともないようにしたいですよね。 簡単なことでいいので妊娠線ができないようケアをしていくことをオススメします。
妊娠線のケアにはいくつかの方法があります。 お腹が急激に大きくなることを防ぐことでも妊娠線の防止になりますし、マッサージや専用のクリームも販売されています。 詳しい妊娠線対策は別のページでご紹介しているのでそちらをご覧ください。

  • 妊婦の肌荒れはファンデーションをミネラルにするだけでもOK

  • 妊娠中の妊婦OKのダイエット

  • 妊娠中の妊婦の便秘を解消する

関連記事一覧

妊娠線予防のクリーム

妊娠線予防クリームと銘打って、色々なクリームが販売されています。 通常の保湿用のクリームとは価格に大きな違いがあり、薬局の棚の前でしばし躊躇して見比べた経験のある人も多いのではないでしょうか。 基本的... 記事の続きはこちら