妊娠中の妊婦の大人ニキビを何とかしたい

妊娠により大人ニキビなどの肌トラブルを起こす方は少なくありません。 とくに顎や頬などの顔まわりに赤ニキビや白ニキビができる方が多いです。 生活習慣の変化によるストレスと妊娠による女性ホルモンのバランスの乱れが原因です。 女性の場合、大人ニキビができていること自体がストレスとなり悪化してしまうことも多いですし、ひどくなると跡が残ることもあるので、早めに適切なケアをしていきましょう。









  • 妊婦の肌荒れはファンデーションをミネラルにするだけでもOK

  • 妊娠中の妊婦OKのダイエット

  • 妊娠中の妊婦の便秘を解消する

妊娠中のにきびをそのままにしておくとストレスになる

妊娠してからにきびが増えた、にきび対策をしてもなかなか消えない、など妊娠してホルモンバランスが乱れるとどうしても増えてしまいがちなのがにきびです。特に妊娠初期のつわりの時期にはホルモンバランスの乱れに加えて食生活も偏ってしまうことがあり、にきびを増殖させてしまいます。

ほとんどが産後自然に消えていってしまいますが、産後まで何ヶ月もありますし、お腹の赤ちゃんのためにも心穏やかに過ごしていたいときに、にきびで悩んでいたくはありません。普段のにきび対策をしっかりと行うことで妊娠中であってもにきびを少なくすることができます

どうしても妊娠中に乱れてしまうホルモンバランスですが、できるだけ規則正しい生活を心がけることと、身体の欲求に素直になることで身体的なストレスを軽減することはできます。身体的なストレスと精神的なストレス、どちらも解消することでにきびもわずかですが減っていきます。

洗顔や保湿をしっかりすることも大切ですが、きちんとニキビ対策用の化粧品を選んで使っていくことをオススメします。にきびは見た目にも嫌なものですが、この時期は仕方ないと割り切って気にしすぎないようにするのもよい手ではあります。気にしなくなるといつの間にか消えてしまうなんてこともあるものです。ストレスを溜めないよう自分なりの解決方法を探るのが妊娠中は一番大切です。

関連記事一覧

ホルモンバランスが変わる

妊娠するとホルモンバランスが変わり、体調にも変化が現れます。 特に妊娠初期は体内の変化に身体が追いつかず、つわりなどの症状として出てきます。 しかし、よく言われる妊娠するとホルモンバランスが変わる、と... 記事の続きはこちら