妊娠中期

妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、妊婦生活の中でも比較的落ち着いて無理のない範囲での運動や活動的になれる時期でもあります。 むしろ問題ない場合には医師から動いたり運動するように言われるほどで、スキンケアにもじっくり取り組めます。
まだお腹が大きくはないので足周りのスキンケアもしやすいのが妊娠中期です。 つわりが治まり妊娠中期に入ったらお腹が大きくなくても妊娠線予防のケアを始めましょう。 クリームやオイルなどでマッサージして皮膚の伸びをよくしておくことでこの後の大きくなるお腹や太ってきたときの腕や足などに対応でき妊娠線ができにくくなります。
顔の肌トラブルも一段落してきて、つわりが治まれば好きな香料の洗顔や保水・保湿液に戻してケアできるようになります。 妊娠初期の頃よりも時間をかけてケアしていくようにしましょう。
まだお腹が出ていないとはいえ、長時間椅子に座りっぱなしになるのはつらくなってきます。 短時間で済ませられるような方法やリラックスした体勢で出来る方法を探っていきお腹が大きくなってきても続けられるような方法を身につけておくとよいでしょう。
妊娠中期は周囲にも妊娠していることを明かし始め、徐々に大きくなるお腹や初めて感じる胎動などにワクワクして楽しめる時期でもあります。 ストレスを溜め込むのは妊婦としてもお肌にも悪く悪循環になってしまいます。 妊娠線や肌トラブルで悩んだり落ち込んだりしないようスキンケアも怠らずに、この時期を目一杯楽しみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 妊娠中期

    妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、妊婦生活の中でも比較的落ち着いて無理のない範囲での運動や活動的になれる時期でもあります。 むしろ問題ない場合には医師から動いたり運動するように言われるほどで、スキン... 妊娠中期の続きを読む>

  • 妊娠中全般

    妊娠中全般を通していえることは、妊娠によって変わった肌質をしっかりと捕らえ自分に合ったスキンケア方法を探しましょう、ということです。 妊娠中は初期から後期、出産までその時期によって肌質がちょっとずつ変... 妊娠中全般の続きを読む>

  • 妊娠後期

    どこから見ても妊婦さんとわかるほどに大きくなってくるお腹と近づく出産にドキドキし始めるこの時期は、妊娠線もできやすくなってきます。 適切な体重コントロールとスキンケアで妊娠線を予防し、肌も荒れないよう... 妊娠後期の続きを読む>