食事でコントロールする

妊娠中でも妊娠前、出産後でもスキンケアとして食事内容やタイミングなどが役立つことがあります。 身体を作る資本となる食事で妊娠中であっても肌荒れをある程度コントロールすることができます。
妊娠中は、胎児にも栄養を届けないといけないので普段よりもたくさん食べたり、これまで好きではなかったものが無性に食べたくなったり、何か一つの食べ物が妙に食べたくなったりと食にも影響がでてきます。
妊娠中に暴飲暴食はだめですが、だからといって過剰な食事制限もよくありません。 生まれてこのかた見たこともないような体重計の数値になるのは仕方ないことです。 それよりも内容に気を配ってスキンケアにも役立ててしまいましょう。
お肌の調子を整えるのにも必要な成分はビタミンとミネラルです。 この成分は実は妊娠中に胎児も必要とするために、妊婦に不足しがちな成分とされています。 これも肌荒れの一つの原因となっている場合もあります。 野菜や果物を中心に海草なども上手に取り入れていきましょう。
妊娠中はその時期によって特に必要な栄養分というのが変わっていきます。 しかし、全体を通して必要なビタミンやミネラルといった成分はどの時期でもなるべく摂取できるようにすることでスキンケアにも役立って悩みも減っていくはずです。
また、朝昼晩とだいたいいつも決まった時間に食べることも大切です。 産後しばらくは赤ちゃんの夜鳴きなどがあって昼夜問わない生活になる可能性も高いですが、落ち着いてからは生活リズムをつけるために規則正しい生活をする必要があります。 その練習だと思って時間をちょっと気にするようにしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 妊娠中期

    妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、妊婦生活の中でも比較的落ち着いて無理のない範囲での運動や活動的になれる時期でもあります。 むしろ問題ない場合には医師から動いたり運動するように言われるほどで、スキン... 妊娠中期の続きを読む>

  • 妊娠中全般

    妊娠中全般を通していえることは、妊娠によって変わった肌質をしっかりと捕らえ自分に合ったスキンケア方法を探しましょう、ということです。 妊娠中は初期から後期、出産までその時期によって肌質がちょっとずつ変... 妊娠中全般の続きを読む>

  • 妊娠後期

    どこから見ても妊婦さんとわかるほどに大きくなってくるお腹と近づく出産にドキドキし始めるこの時期は、妊娠線もできやすくなってきます。 適切な体重コントロールとスキンケアで妊娠線を予防し、肌も荒れないよう... 妊娠後期の続きを読む>