妊娠初期

妊娠初期は、身体が妊婦になる準備をする期間でもあり、胎児の基本的な器官が作り出されていく時期でもあります。 つわりなどでつらい症状が出やすいのもこの時期で、なるべく安静にするよう注意されることも多いです。
この時期にはホルモンバランスが変化することやつわりで食べ物に偏りが出ることから肌トラブルが絶えなくなることもしばしばあります。 つわりでつらいときにはスキンケアどころではなくなりますが、余裕が出てきたときに行えるスキンケア方法をご紹介します。
最低限できるスキンケアとしては、洗顔と洗顔後の保水・保湿です。 ただし、つわりがつらい時期にはこれらの香りが突然だめになってしまうこともあるのでできれば無香料のものを用意しておき我慢してつけたりつけなくなるのを避けましょう。
つわりの間は食事に気をつけるといってもなかなか難しく、特定の食べ物しか身体が受け付けなくなることもままあります。 そんなときは栄養バランスなどは気にせず食べられるものだけを食べて過ごしましょう。 食事に気を配るのはつわりが治まってからで問題ありません。
他にできるスキンケアにつながる行動は睡眠です。 妊娠初期は寝ても寝ても眠くなる、ということがよくありますが、仕事等に支障のない程度にこの欲求に応えることによってストレスからくる肌荒れを防ぐこともできます。
妊娠初期は他のことに気を取られスキンケアどころではなくなるかもしれませんが最低限の部分だけでもやっておくと後からの回復度合いが違ってきます。 無理のない範囲で行っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 妊娠中期

    妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、妊婦生活の中でも比較的落ち着いて無理のない範囲での運動や活動的になれる時期でもあります。 むしろ問題ない場合には医師から動いたり運動するように言われるほどで、スキン... 妊娠中期の続きを読む>

  • 妊娠中全般

    妊娠中全般を通していえることは、妊娠によって変わった肌質をしっかりと捕らえ自分に合ったスキンケア方法を探しましょう、ということです。 妊娠中は初期から後期、出産までその時期によって肌質がちょっとずつ変... 妊娠中全般の続きを読む>

  • 妊娠後期

    どこから見ても妊婦さんとわかるほどに大きくなってくるお腹と近づく出産にドキドキし始めるこの時期は、妊娠線もできやすくなってきます。 適切な体重コントロールとスキンケアで妊娠線を予防し、肌も荒れないよう... 妊娠後期の続きを読む>