妊娠中はやらないほうがよいこと

スキンケアのためだからといって妊娠中にはやらないほうがよいこともあります。 自分の身体と胎児の健康のため、を第一に考えて対策を取るようにしましょう。 いつもは大丈夫と勝手な自己判断が一番危険です。
スキンケアのためにとやりがちなのが、サプリメントの摂取です。 手軽に必要な栄養分を摂取でき、食事ではどうしても取りきれない分までポンと一口飲むだけでいい手軽さから人気となっていますが、妊娠中は飲んでいいものかどうかきちんと判断することが必要です。
ネットで検索すると様々な意見が飛び交っていて、「○○」というサプリメントは危ない、だとかいや、大丈夫だ、とか判断がつかないほどの意見が出てきます。 これまで飲んできたサプリメントやこれから飲もうとしている市販のサプリメントがあるなら、信頼している医師に相談してみましょう。
市販のものと診療所などに置いてあるサプリメントとでは成分に違いがあることもあります。 素人判断やネットなどから得た知識ではなく専門家の意見を聞いて行動するのがよいでしょう。
また、妊娠中スキンケアのためだからと無理な姿勢で長時間鏡の前に座って作業するのもオススメできません。 身体を休めながら、できる範囲のケアや根本的な生活スタイルを変えることでケアを促していくほうが心も穏やかになれますし、何より胎児のためになります。
とにかく妊娠中は無理をしないこと、肌に直接触れるものや体内に取り込む食べ物やサプリなどのものには注意が必要だということを忘れないように行動しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 妊娠中期

    妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、妊婦生活の中でも比較的落ち着いて無理のない範囲での運動や活動的になれる時期でもあります。 むしろ問題ない場合には医師から動いたり運動するように言われるほどで、スキン... 妊娠中期の続きを読む>

  • 妊娠中全般

    妊娠中全般を通していえることは、妊娠によって変わった肌質をしっかりと捕らえ自分に合ったスキンケア方法を探しましょう、ということです。 妊娠中は初期から後期、出産までその時期によって肌質がちょっとずつ変... 妊娠中全般の続きを読む>

  • 妊娠後期

    どこから見ても妊婦さんとわかるほどに大きくなってくるお腹と近づく出産にドキドキし始めるこの時期は、妊娠線もできやすくなってきます。 適切な体重コントロールとスキンケアで妊娠線を予防し、肌も荒れないよう... 妊娠後期の続きを読む>