予防のマッサージ

妊娠線の予防にはクリームやオイルを塗りながらのマッサージが効果的です。 つわりが治まったら始めてみましょう。 マッサージと言っても強い力で押したり揉んだりはしないのでお腹のマッサージをしても胎児に影響はでませんし、リラックスして行えれば胎児もリラックスして気持ちがよくなるとされています。
一番気になるお腹部分は平仮名の「の」の字を書くようにマッサージしていきましょう。 鏡に映したときに「の」と読めるように描いていきます。 これは腸の動きも活発にするので妊娠中の便秘にも効果的です。
乳房や腕、足などのマッサージはそれぞれ身体の中心に向かってなでるようにしてリンパや血行を促進するようにしましょう。 乳房は乳首に向かって行います。 腕は肩に向かって、足ならお尻に向かってなでていきます。 このとき、気持ちいいくらいの力の加え方でよいので決して強く押したりしないようにしましょう。
特にお腹のマッサージは強い力は不要です。 お腹にいる子どもをよしよしするような感覚で行うとよいでしょう。 また、医師にマッサージを止められている場合には中止しクリームを軽く塗る程度にしておきましょう。
クリームなどはたっぷり目に取ってまずお腹、乳房、腕や足と進めていきましょう。 たくさん塗ったから妊娠線ができなくなるというものでもありません。 適量を塗りこむようマッサージしていくとよいでしょう。
疲れているときにはマッサージはお腹など気になる部分だけにとどめてお休みしましょう。 マッサージはリラックスした状態で行うのが最適です。 それ自体がストレスになるようならやらないほうがいいくらいです。 好きな香りのものを使ったりとリラックスタイムを演出できるように工夫してみるのも楽しいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 妊娠中期

    妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、妊婦生活の中でも比較的落ち着いて無理のない範囲での運動や活動的になれる時期でもあります。 むしろ問題ない場合には医師から動いたり運動するように言われるほどで、スキン... 妊娠中期の続きを読む>

  • 妊娠中全般

    妊娠中全般を通していえることは、妊娠によって変わった肌質をしっかりと捕らえ自分に合ったスキンケア方法を探しましょう、ということです。 妊娠中は初期から後期、出産までその時期によって肌質がちょっとずつ変... 妊娠中全般の続きを読む>

  • 妊娠後期

    どこから見ても妊婦さんとわかるほどに大きくなってくるお腹と近づく出産にドキドキし始めるこの時期は、妊娠線もできやすくなってきます。 適切な体重コントロールとスキンケアで妊娠線を予防し、肌も荒れないよう... 妊娠後期の続きを読む>