妊娠と肌質の変化

妊娠すると身体の変化も周囲の変化も大きいと感じるかもしれませんが、実は肌質まで変わってくるのです。 これまでは脂っぽいタイプだった人が突然乾燥肌に悩まされたり、混合肌になってしまってどう対処したらよいかわからなくなったり、その原因はホルモンバランスの変化と胎児に栄養を取られていることなどにあるのです。
肌の状態がホルモンバランスによっても変化するというのは、生理前にニキビが多くなったり不規則な生活をしていると肌が荒れてくることでも知られています。 妊娠によって乱れたホルモンバランスの影響で肌にも変化が出てくることがあるのです。
妊娠していても、そして産後も、キレイな肌でいたいというのは女性なら誰しも思うことです。 お腹の赤ちゃんのためにも、この時期は特に肌につけるものなどにも気をつけたくなってくるかと思います。 妊娠による肌質の変化を機に肌に優しい素材の化粧水などに挑戦してみるのもよいでしょう。
妊娠中の肌質の変化は何もホルモンバランスのせいだけではなく、胎児の分も栄養補給をしなければならないことからも起こることがあります。 太りすぎてはいけない、と言って偏った食事をすることでも肌が荒れてしまいますし、いつもよりもバランスのよい食事を多めに取ることも必要なことなのです。
とにかく色々な変化も伴う妊娠生活ですが、肌質の変化を悪く捉えるのではなく、新しい化粧水や洗顔方法などにチャレンジするよい機会と考え楽しく乗り切ることが一番の鍵ではないでしょうか。

  • 妊婦の肌荒れはファンデーションをミネラルにするだけでもOK

  • 妊娠中の妊婦OKのダイエット

  • 妊娠中の妊婦の便秘を解消する

関連記事一覧

妊娠中全般

妊娠中全般を通していえることは、妊娠によって変わった肌質をしっかりと捕らえ自分に合ったスキンケア方法を探しましょう、ということです。 妊娠中は初期から後期、出産までその時期によって肌質がちょっとずつ変... 記事の続きはこちら

妊娠後期

どこから見ても妊婦さんとわかるほどに大きくなってくるお腹と近づく出産にドキドキし始めるこの時期は、妊娠線もできやすくなってきます。 適切な体重コントロールとスキンケアで妊娠線を予防し、肌も荒れないよう... 記事の続きはこちら

妊娠中期

妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、妊婦生活の中でも比較的落ち着いて無理のない範囲での運動や活動的になれる時期でもあります。 むしろ問題ない場合には医師から動いたり運動するように言われるほどで、スキン... 記事の続きはこちら

妊娠初期

妊娠初期は、身体が妊婦になる準備をする期間でもあり、胎児の基本的な器官が作り出されていく時期でもあります。 つわりなどでつらい症状が出やすいのもこの時期で、なるべく安静にするよう注意されることも多いで... 記事の続きはこちら

予防のマッサージ

妊娠線の予防にはクリームやオイルを塗りながらのマッサージが効果的です。 つわりが治まったら始めてみましょう。 マッサージと言っても強い力で押したり揉んだりはしないのでお腹のマッサージをしても胎児に影響... 記事の続きはこちら

保湿ができれば大丈夫?

妊娠線の予防には保湿が肝心ですが、保湿ができてさえいれば大丈夫なのでしょうか。 妊娠線はできやすい、できにくいが体質で決まっていてどんなに対策していてもできてしまうときにはできてしまうもののようです。... 記事の続きはこちら

お腹が出る前から開始

大きくなるお腹や、栄養を蓄えるために太ってくる腕や脚などに出てくるのが妊娠線と呼ばれるくっきりと赤い線です。 産後、体型が元に戻ってもこの跡が消えずに残ってしまうため、なるべく妊娠線がつかないように、... 記事の続きはこちら

妊娠中はやらないほうがよいこと

スキンケアのためだからといって妊娠中にはやらないほうがよいこともあります。 自分の身体と胎児の健康のため、を第一に考えて対策を取るようにしましょう。 いつもは大丈夫と勝手な自己判断が一番危険です。 ス... 記事の続きはこちら

食事でコントロールする

妊娠中でも妊娠前、出産後でもスキンケアとして食事内容やタイミングなどが役立つことがあります。 身体を作る資本となる食事で妊娠中であっても肌荒れをある程度コントロールすることができます。 妊娠中は、胎児... 記事の続きはこちら

紫外線予防には

妊娠中はなるべく紫外線予防をしっかりと行ったほうがよいとされています。 妊婦になってからホルモンのバランスが変わり、肝機能が抑制されているのでしみやそばかすもできやすく皮膚も荒れやすい状態になっていま... 記事の続きはこちら

薬を使うときの注意点

妊娠中の肌トラブルでかゆくてかゆくて仕方ないときや、にきびがひどくなってしまったときなど、これまでのように市販薬を使いたくなるかと思いますが、使う前に妊婦でも使って安心なものかどうかをチェックしましょ... 記事の続きはこちら

メイク方法

妊娠しているときは肌トラブルが絶えず、メイクも難しいと感じる人も多いようです。 ニキビができてしまったり、しみやそばかすが目立っていたり、ついついそこだけ見ていると厚塗りになってしまいそうですが、妊娠... 記事の続きはこちら

洗顔で改善

妊娠中は、肌に直接触れる洗顔剤や化粧水などの成分も気になってくるものです。 オーガニックのものにしなければならないというわけではありませんが、肌にどんな影響があるものが含まれているのか考えてみる、いい... 記事の続きはこちら

かゆみ

妊娠中、手のひらが急にかゆくなったり、全身にかゆみが出たりと「かゆい」というキーワードに巡りあうことがよくあります。 これは、ホルモンの影響で肝機能が通常より働きが鈍くなっていたり、子宮が大きくなり肝... 記事の続きはこちら

むくみ

肌トラブルというよりも身体全体のトラブルでもありますが、妊娠中助産師からも口を酸っぱくして言われるのがむくまないように気をつけて生活しましょう、ということです。 妊娠前は、妊娠中のむくみ、という話題は... 記事の続きはこちら

日光アレルギー

日光が当たるとかゆくなって蕁麻疹が出たり、むくんだり、ひどい場合は火傷を負ったような状態になってしまう、こうした症状が出ることを日光アレルギー(紫外線アレルギー)と言います。 生まれたときからこの症状... 記事の続きはこちら

身体の欲求には素直に従おう

妊娠すると特に初期は身体に大きな影響が出てきます。 眠かったり、だるかったり、吐き気がしたり、体内の変化に身体も戸惑い色々なサインを出してきているのです。 そんなときはできるだけ身体の欲求に素直に従っ... 記事の続きはこちら

対策は早いうちに

妊娠による身体や心の変化は刻一刻と進んでいきます。 ご飯を作っているところまでは美味しく味見もできたのに、作り終わった途端につわりの症状が出てしまって食べられなくなった、なんてことも実際に起こるのです... 記事の続きはこちら