しみ・そばかす

妊娠してしみやそばかすが増えたように感じる、という人も意外と多くいます。 出産後すぐの自分の顔を鏡で見て愕然とした、という人もいるほどです。 これはホルモンバランスが乱れているため起こる現象の一つなのですが、しみやそばかすの形成方法を知っていると対策することができます。
しみやそばかすは、メラミン色素の沈着によってできていきます。 このメラミン色素は皮膚表面のメラノサイトという細胞が作り出しているのですが、妊娠によって過剰に分泌されているエストロゲンなどのホルモンによってメラノサイトがいつもより活発に活動するようになります。
これが、妊娠するとしみやそばかすが増える原因となっているのです。 増えているのは気のせいではなく、ホルモンバランスからくる仕方のないこと、産後ある程度目立たなくなるといってもやっぱり気になりますよね。
メラノサイトの活動を促すのは紫外線です。 妊娠中はなるべく紫外線を受けないよう対策をしっかりとしておくことがしみやそばかすに悩まずに済む方法といえます。 帽子や日傘でガードしたり、日焼け止めクリームを塗るなどの対策が考えられますが詳しくは別のページでご紹介しているのでそちらをご覧ください。
しみやそばかすは産後目立たなくはなる可能性が高いですが、一度沈着してしまったメラニン色素は薄くはなってもなくなるまでにはなかなか至りません。 妊娠中はいつもよりも紫外線対策をしっかりとしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事