顔の赤いブツブツを治すには

赤いブツブツが頬や顎にできてくることがありますが、これは大人ニキビです。 妊娠するとこの大人ニキビができやすくなります。 初期は白い小さなプツプツだったり、小さすぎて気づかないことも多いですが、症状がすすむと赤いブツブツのようになって目立ってきます。 大人ニキビと同様のケアをすることで抑えていくことができます。 目立ってくると精神的なストレスにもなるので早めにケアしましょう。








  • 妊婦の肌荒れはファンデーションをミネラルにするだけでもOK

  • 妊娠中の妊婦OKのダイエット

  • 妊娠中の妊婦の便秘を解消する

赤いポツポツの吹き出物の原因

顔にできる赤いポツポツは、主に頬や顎などの部分にできやすいです。ストレスや生活習慣の乱れから肌のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝がにぶり、毛穴をふさいでしまうことで起こります。妊娠中の妊婦の方は、女性ホルモンのバランスが変化しているため同様の状態を引き起こします。

毛穴に皮脂がたまると、それを栄養源にして大人ニキビを引き起こすアクネ菌が繁殖し、炎症を起こして赤くなります。これが赤いブツブツの正体です。ケア方法としては、大人ニキビ対策の化粧品を使用するのが一般的です。

症状が軽いものとして、白いポツポツのような吹き出物の状態のものもありますが、原因は同じです。毛穴に皮脂が詰まって白くなっている状態を放っておくと、炎症を起こして赤くなってきます。

さらに進行すると、芯のあるニキビになったり、化膿したり痛みを伴ってくることもあるので、初期のうちに適切な処置をすることが大切です。また、繰り返し安いのも大人ニキビの特徴です。対策化粧品などで症状に直接ケアすることに加えて、ストレスをためないように心がけることも重要です。

関連記事一覧

ヒアロジー CO2ジェルパックの効果

最近かなりの効果が高いと評判の美容法にCO2ジェルパックがあります。 特に、ヒアロジーのCO2ジェルパックの効果に関しては、有名雑誌でも注目を集めているようで、20種類もの雑誌に掲載された実績があるそ... 記事の続きはこちら

しみ・そばかす

妊娠してしみやそばかすが増えたように感じる、という人も意外と多くいます。 出産後すぐの自分の顔を鏡で見て愕然とした、という人もいるほどです。 これはホルモンバランスが乱れているため起こる現象の一つなの... 記事の続きはこちら